不動産投資に予算ってどれくらい必要?初心者でも始められる?-PR

不動産投資に予算ってどれくらい必要?初心者でも始められる?-PRPR

「不動産投資の予算目安は、物件価格の1~3割である。」

という話は聞いたことがあるだろうか。

不動産投資の予算に悩む人は、まずはこの”1~3割”を参照してくれればいい。

ただなぜ”1~3割”なのだろうか?また具体的な金額の話に移った場合、それはどれくらいなのだろうか?と疑問に持つ方も多いだろう。

本記事では、そこを深堀りしていこうと思う。

「不動産投資の予算目安は、物件価格の1~3割である。」はローン審査が理由

まず不動産投資は、自ら予算を必ずしもたくさん用意する必要はない

なぜなら、不動産投資はローンを組んで行うことが前提だからだ。

単純な計算式で

ローンの月々返済額 - 月の家賃収入 = プラス

と、組むことができれば、以降、投資効果は拡大していく。ここまでは読者の皆様もわかっていることだと思う。

一方で、そのローンを組むというところに1つハードルがある。

ローンを組む際に金融機関が見るのは

  • 本人の収入
  • 本人の信用情報
  • 購入しようとしている物件の担保価値

が主なところだ。

このうち、「本人の収入」「本人の信用情報」に対して、さらにプラスになる材料を提供することでローンの審査が有利になるといわれている。

それが「物件価格の1~3割」の大部分にあたる頭金だ。

そう、不動産投資を始めるにあたって、用意しておきたい「物件価格の1~3割」という予算は、実はローン審査を有利に進めるための頭金に半分以上、充当するのだ。

もちろん、これ以外にも物件の修繕費や客付けなど、ほかに費用が発生しないわけではない。

しかし、それらは物件選びでクリアできることもある。

ただ、ローンの審査については、材料を多くそろえておくことがクリアへの道になるのだ。

 

では、次の見出しでは「具体的にはどれくらいの金額なの?」を紹介していこう。

みんなはどれくらいの予算で買う?を調査

具体的な金額について、まず調査したのは「みんなはどれくらいの予算で買う?」のかである。

「健美家(https://www.kenbiya.com/info/user_anquite_result201709.html)」によると、物件の購入価格は

  • 1,000万円以下:27.5%
  • 1,000万円~:15.7%
  • 2,000万円~:11.8%
    etc

と2,000万円~までが過半数を占める。

これを先に述べた「1~3割」に当てはめると、

  • 1,000万円以下:0~300万円
  • 1,000万円~:100~300万円
  • 2,000万円~:200~600万円

となる。

「0」という数字が出てきて驚くかもしれないが、このアンケートには続きがある。

購入手段について「融資」と回答している人に、融資利用時のことを尋ねると

  • 自己資金なし(フルローン):41.4%
  • 1割未満:26.8%
  • 1割~:13.4%
    etc

と、フルローンを組む人もかなり多いのだ。

 

また東証一部上場の「プロパティエージェント(https://www.propertyagent.co.jp/contents/pro/reports/4247)」が行った調査で、最初に不動産投資を始めたときの自己資金についてのアンケートを見ると、

  • 1000万円以下:18.0%
  • 500万円以下、3000万円超が同率:14.4%
  • 300万円以下:13.5%
  • 自己資金はなかった:12.6%

となっている。

もちろん、当たり前だがたくさんのお金を用意して実施する人も多いだろう。

その一方で、「300万円以下」「自己資金はなかった」が合わせて4人に1人ほどいるのだ。

不動産投資の相談なら「RENOSY 不動産投資」

ここで少し宣伝をさせてほしい。

「株式会社GA technologies」の「RENOSY 不動産投資」を聞いたことがあるだろうか。

同社は、設立5年で上場し、売上200億円を達成した企業で、

  • AIを活用し、投資価値の高い物件を厳選
  • 賃貸管理サービス。家賃を受け取るだけ、賃貸管理サービスは入居率99.3%(2020年4月時点)
  • 入居者募集からクレーム対応まですべて代行
  • アプリ「OWNR by RENOSY」でスマートに資産管理(購入した物件の情報、入居者の情報、契約書類、キャッシュフローなど)

と、家賃収入を得るうえで乗り越えなければならないハードルを、すべてサポートしてくれる。

特に、AIを活用した厳選物件は、感度の高さをお伝えした情報収集に有効活用できるだけでなく、新進気鋭のベンチャー企業ならではのサービスといえるだろう。

しかも、こういった世の中ということもあってか、プロモーションに力を入れており、

「資料請求から面談完了でAmazonギフト券30,000円分プレゼント!」のおまけつきだ。

資料と面談だけであれば、もちろん、なんの費用もいらない。

諸条件はあるが、資料請求だけであれば大きな手間もなく、無料でできる。

ぜひ一度、確認してみてほしい。

自己資金0円、投資未経験でもOK!失敗しない中古マンション投資なら【GA technologies】

中古マンション投資がいまアツい

では、話を戻して、初心者でも不動産投資を始められるのか、という点だ。

正直なことをいえば、不動産投資はだれでも始められる

物件があり、ローンの審査さえクリアしてしまえば、だれでも始められるのが不動産投資の魅力ともいえる。

ただ、そのローンを通すためには、先にも述べたような信用情報や、頭金といったことが重要になってくる。

そして、頭金を抑えるには物件価格の低いもの、価値のあるものを選ぶ必要がある。

そこでいまアツいといわれているのが「都心の中古マンション投資」だ。

その理由としては、

  • 人口に伴う賃貸需要の高さ
  • ワンルームマンションの開発規制
  • 急落しやすい新築とは異なる資産価値の下落率のゆるやかさ

が挙げられ、リノベなど、うまく物件価値を高められれば、良い値段で売却することもできる。

またコロナ禍で、マンション需要も高まってきているといわれている。

  • 富裕層による(安全資産としての)資金の流入
  • リノベなどのブーム
  • ライフスタイルの変化に伴う、利便性の追求

が背景にあるといわれているが、初心者にとってもねらい目の機会の一つだとは言えそうだ。

さらに、「都心の中古マンション投資」の特筆すべき点として、価格帯が不動産投資の中で低め、というところも挙げられる。

物件次第という話は前提だが、探せば都内で1,000~3,000万円台のものもあったりする。

「予算は1~3割」のところで述べた

  • 1,000万円以下:0~300万円
  • 1,000万円~:100~300万円
  • 2,000万円~:200~600万円

の価格帯のものだ。

数億規模と比較すれば、開始する敷居が低くなる点も、中古マンション投資をアツくさせている理由に挙げられるだろう。

不動産投資の相談なら「RENOSY 不動産投資」

ここでまたしても、少し宣伝をさせてほしい(2回宣伝しなさいという方針が下ったのだ…)。

「株式会社GA technologies」の「RENOSY 不動産投資」だ。

同社は、マンション投資にも力を入れている

特に資産価値になる、物件情報を厳選して取り扱っている点も優れたところだ。

例えば

  • 2002年築(築19年)/ 1K / 19.5㎡の物件
  • 2013年築(築8年)/ 1K / 26.24㎡の物件
  • 2002年築(築19年)/ 1K / 21.15㎡の物件

などが掲載されており、資料請求すれば、さらなる詳細・限定物件を閲覧することができる

厳選の方法についても

業界初となるAI技術およびビッグデータの研究・開発を行う “AI Strategy Center(AI戦略室)”

を設置するなど、社名の通りテクノロジーを生かした不動産投資のサポート体制といえる。

ぜひ一度、確認してみてほしい。

自己資金0円、投資未経験でもOK!失敗しない中古マンション投資なら【GA technologies】

タイトルとURLをコピーしました